雑誌の電子書籍読み放題サービスの英語版ってあるんだろうか?

やわなべです。

先日楽天が雑誌読み放題サービスに参入し、私もお試ししてみましたが、結局dマガジンに戻ってしまってます。時代に逆行してるかもしれませんが、日経電子版とdマガジンのおかげで、webメディアからのインプットが確実に減りましたね。個人のブログなんてほぼ全く読んでないです。

で、ふと思ったんですが、この雑誌読み放題サービス、英語圏でもメジャーなサービスだったりするんでしょうか?
ちょろっと調べてみたんですが、どうやら以下で紹介する2つがあるくらいで、日本ほど普及してるようには思えませんでした。

スポンサーリンク

Texture

ss37746.png

Texture | Unlimited Access To Your Favorite Magazines

一番充実してそうなのがこの「Texture」というサービス。かつて「Next Issue」というサービスで運営してたのが2015年にサービス名称を変更したようです。

お値段は1ヶ月9.99ドルとありますが、よく見るとこれは3ヶ月分前払いプランの場合で、毎月払いだと14.99ドルになるようです。

相場的にNetflixなどの動画見放題、AppleMusicなどの音楽聴き放題サービスと同等、あるいはそれ以上ですね。500円近辺の日本の同系サービスからするとちょっと高めに感じます。初めての場合は、14日間の無料お試し期間があるようです。

肝心の雑誌のラインナップはこんな感じ。(以下は一部)

ss37970.png

よく知るところだと、「Time」「National Geographic」「Wired」「VOGUE」「Forbes」といったあたりが読めるようです。

ちなみにTIME誌の正規の定期購読料がどれくらいか見てみると、米国内だと、なんとたった40ドルで年間購読ができるんですね。電子版オンリーであれば30ドル、1冊あたり60円くらいですよ。期間限定の特別キャンペーンなのかもしれませんが。

Time Magazine Subscription Offer

同じものを日本で「Asia Edition」を定期購読しようとすると、1年間で1万6000円に跳ね上がります。この差は何なのか。

TIME Asia Edition – New Subscription

おそらく上の30ドルの定期購読は電子版であっても日本からだと契約できないでしょうが、今、年間1万6000円出してTimeのAsiaEditionを購読してるって方は、Texture経由にすると、料金が2割ほど節約できて、しかも他の雑誌も読める、ということになりますね(3ヶ月プランの場合)

Magzter

Textureの対抗馬と見られるのが「Magzter」です。読み方は「マグスター」でしょうか。

ss41177.png

Magzter – World’s largest digital magazine newsstand with over 8,200 magazines

ここは、雑誌の総合ストア的なサービスで、特定の雑誌のバックナンバーを1冊だけ買ったり、1誌のみの定期購読したり、ってのがメインのサービスのよう。Appleの「Newsstand」や、日本の「fujisan.co.jp」に近い感じですね。

ただ、サービスの一環として「Magzter Gold」なるプランがあって、これが定額読み放題サービスのようです。

Unlimited Access to 4000+ Digital Magazines and Premium Articles

そのお値段表はこちら。

ss41492.png

微妙に日本円換算されててかえってややこしいですが、1ヶ月で約800円、これが年間だと5000円と半額近い割引率で、かなりお安い。

どんな雑誌が読めるかというと、一応4000誌という建前なんですが、ざっと見ても知らないものばかり。かろうじて「Newsweek」「Forbes」「VOGUE」くらいでしょうか。しかも、

ss44116.png

日本の雑誌もラインナップにあるんですが、なぜか飲食や流通系の業界紙に偏っているという、ユニークすぎる品揃えです。多分参画してる出版社が1社だけ、とかなんでしょう。その手の企業で定期購読されているという業界の方、いかがでしょう。

可能性はかなり低いですが、もし現在定期購読している雑誌がラインナップにあれば、年間プランが5000円と安いので契約するといいかもしれません。

まとめ

これ以外に、日本でも始まった Kindle Unlimitedの海外版には、一部雑誌コンテンツも含まれていると思います。ただ、上の専門サービスの品揃えを超えるとは到底思えないので、今のところ選択肢としては上の2つでしょうか。

というわけで、雑誌読み放題サービスは日本のほうがよっぽど充実しているようですね。あんま需要ないのかな。