大阪発、電車とバスだけで快適に熊野三山参りをしてきたよ (1) 計画編

やわなべです。

今週少し休みを取って世界遺産の熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)をお参りしてきました。

大阪からだと日帰りはさすがにきついですが、どこかで1泊すれば2日で十分回れる距離。ただ、観光バスでのツアー含め、たいていは車で回るケースがほとんどじゃないかと思います。私も車で行くか迷ったんですが、途中で熊野古道の巡礼道歩きを交えたかったんで車は使わず、大阪から電車とバスのみで回ってみることにしました。

スポンサーリンク

日程を考えよう

IMG_20161204_103949.jpg

今回の旅は日程をしっかりたてないといけません。関西以外の方からすれば「大阪から和歌山への小旅行で大げさな」と思うかもですが、一度Googleマップで近畿地方全体を「地形モードをオンにして」見ていただければ、そのシビアさがわかるはず。

大阪から南紀(和歌山の南の方)へのアクセスは、電車であれ車であれ、基本的に紀伊半島の海岸沿いをなぞっていくしかないんで結構かかるんですよ。心理的には名古屋とか岡山の方がぜんぜん近い。しかも電車もバスも本数が少ないので、旅行の計画は、それらの時刻にあわせて予定をはめていく、パズルみたいな作業になります。

なかでも一番アクセスに難があるのが本宮大社です。電車でのアクセスはなく、バスも速玉大社のあるJR新宮駅から1時間以上。一方、新宮駅から街なか徒歩で行ける速玉大社、那智駅からバスで15分程度の位置にある那智大社はアクセスにさほど苦労はなさそう。

このページに熊野三山まわりのバス路線と時刻表がすべてまとまっていたので見ていたら、紀伊田辺から東へ川を遡って2時間かけて本宮へ行くバスがあるようです。本宮から速玉のある新宮へはバスで1時間ちょい。

となれば、下のような強行プランも決して無茶というわけではなさそう。

【1日目】
大阪発 -(JR)- 紀伊田辺 -(バス)- 本宮大社 -(バス)- 新宮着&1泊
【2日目】
新宮発 -(徒歩)- 速玉大社 -(徒歩)- 新宮駅 -(JR)- 那智駅 -(バス)- 那智大社 -(バス)- JR那智駅 -(JR)- 大阪着

紀伊田辺を起点に「本宮→速玉→那智」という順の参詣は、ちょうど中世以来のメジャーなお参りルートであった中辺路(なかへち)と同じです。

では、これをベースに他に足したい要素を肉付けしていきましょう。

・現在の本宮大社は明治期の水害後、高台に移転されたもので、もともとあった川沿いの社跡である大斎原(おおゆのはら)は見ておきたい

・新宮にある神倉神社の御神体は山頂にある巨大な岩で、原始的な磐座(いわくら)信仰スポットとしてぜひ訪れたい

・もと九鬼水軍一派の居城だった新宮城(しんぐうじょう)の城跡も見たい

・磐座スポットといえば、新宮から三重県に少し入ったところにある花の窟神社(はなのいわやじんじゃ)も見たい

・那智大社参詣といえば、青岸渡寺(せいがんとじ:西国三十三所の第一番札所)と、那智の大滝(飛瀧神社)と通常セットでしょ。

・話の種に、少しくらいは巡礼道である熊野古道を歩いておきたい。 → 初心者向きなのは 発心門王子(ほっしんもんおうじ)というところから本宮大社までの約7kmちょいの区間らしい

これら要望を取り入れた結果、1泊増えてこうなりました。

【1日目】
大阪発 -(JR)- 紀伊田辺 -(バス)- 発心門王子 -(熊野古道ウォーク)- 本宮大社 -(バス)- 新宮着&1泊
【2日目】
新宮発 -(徒歩)- 新宮周辺散策(速玉大社/神倉神社/新宮城址) -(徒歩)- 新宮駅 -(JR)- 那智駅 -(バス)- 那智大社/青岸渡寺/那智の大滝 -(バス)- JR那智駅 -(JR)- JR新宮駅 – 新宮泊
【3日目】
新宮駅 -(JR)- 有井駅 -(徒歩)- 花の窟神社 -(徒歩)- JR熊野市駅 -(JR)- 松阪 -(近鉄)- 大阪難波

1日目の古道ウォークが荷物持ったままなのが気がかりですが、新宮2泊にしたことで2日目は軽装で回れそうです。

最終的に3泊4日に…

P1030891.JPG

よしこれで決まり、と思って周囲に話してたら、

「あんた、この時期わざわざ休み取って南紀行くのに温泉寄らんの? アホなの?」

という複数のツッコミが。本宮近くの湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)がおすすめらしい。

確かに古道ウォークのあとで温泉入れたらちょうどいいよなー。でも、さっきの計画時点で、すでに朝6時大阪発のぎっちぎちの予定なんでどうしても予定に入らない。

1日目の昼食を取る間がないのが心配だったこともあって、思い切ってもう1泊追加することにしました。

【1日目】
大阪発 -(JR)- 紀伊田辺 – 紀伊田辺泊
【2日目】
紀伊田辺 -(バス)- 本宮大社 -(バス)- 発心門王子 -(熊野古道ウォーク)- 本宮大社 -(バス)- 湯の峰温泉 -(バス)-新宮着&1泊
【3日目】
新宮発 -(徒歩)- 新宮周辺散策(速玉大社/神倉神社/新宮城址) -(徒歩)- 新宮駅 -(JR)- 那智駅 -(バス)- 那智大社/青岸渡寺/那智の大滝 -(バス)- JR那智駅 -(JR)- 新宮駅 – 新宮2泊目
【4日目】
新宮駅 -(JR)- 有井駅 -(徒歩)- 花の窟神社 -(徒歩)- JR熊野市駅 -(JR)- 松阪 -(近鉄)- 大阪難波

これなら2日目の朝8時のバスに乗れるし、1日目の移動に余裕が出、特急でなく鈍行でも大丈夫。

まあ実際には、この旅程にさらに肉付けすることになったんですが、結果的にわりと正解っぽかったようです。次回から写真まじえながらその様子をお伝えできればと。

ちなみに南紀は大阪よりも暖かく、さらに例年より気温が高かかったこともあって、12月初旬でもぜんぜん問題なかったです。もっとチャレンジングなルートは知りませんが、今回の道中「暑い」と感じることはあっても「寒い」と感じたことは一度もありませんでした。