大阪発、電車とバスだけで快適に熊野三山参りをしてきたよ (2) 紀伊田辺〜本宮大社

やわなべです。

3泊4日で大阪から熊野三山を見て回ろう旅の2回目です。ここまでの経緯はこちら。

大阪発、電車とバスだけで快適に熊野三山参りをしてきたよ (1) 計画編

紀伊田辺に前泊することで、大阪を昼過ぎに出るくらいの余裕はできてかなりゆったりめの旅程となっています。これから熊野参りされる方、紀伊田辺に前泊するの、おすすめですよ。

スポンサーリンク

紀伊田辺、道分け石と居酒屋と

大阪でお昼を食べてから、JRで紀伊田辺へ向かいます。特急で2時間の距離ですが、乗り換えがスムースにいけば、特急なしでも3時間で着きます。というわけで16時すぎに紀伊田辺に到着。

宿に行く前に見ておきたかったところがひとつだけあって、それがここ。

P1030718.JPG

旧熊野街道沿いの交差点にある道案内の標石「道分け石」です。

大阪から一本道で続いてきた熊野街道がここで分岐して、本宮を目指す中辺路(なかへち)ルートと、海沿い大回りで那智に向かう大辺路(おおへち)ルートに別れます。大阪方面(写真右手)から来た人は「左、くまの道」と書いた案内を見てここを左に折れ、中辺路ルートへ。一方、写真手前方面から、中辺路ルートで帰ってきた人は「右、きみゐ寺」の案内を見てここを右に曲がり、紀三井寺から大阪方面へ帰ると。

以上。10分で今日の予定が終わってしまいました。

P1030742.JPG

やることないんで海とか見てましたが、あとはもうご飯食べて寝るだけです。晩ごはん食べるところが満足にあるかが心配だったんですが、宿の方に聞いたら「居酒屋的なものならこの辺いっぱいありますよ」とのこと。ほんと?

P1030761.JPG

たしかに、駅前通りを右に入ったエリアに、町の規模にしては多くの居酒屋、居酒屋、そしてスナック、スナック。聞けば御坊あたりからも、わざわざご飯だけ食べに田辺まで来る地元の人も多いんだそう。

P1030753.JPG

宿の方におすすめいただいた「とっくり」という居酒屋さんでお刺し身の盛り合わせ。あと旬のしらすをかき揚げと酢味噌でいただきました。今回の旅で一番、晩ごはん食べるところが充実してたのがここ田辺でしたね。

紀伊田辺から本宮大社へ

翌朝、7時に起きて紀伊田辺駅へ。ここの駅前バス停から熊野本宮大社、新宮行きのバスが出ています。2時間に1本くらいですが、8時の便に乗ってたのは他にひとりだけ。途中その方が降りてから本宮までは自分たちだけの貸切状態でした。大丈夫なんでしょうか。

P1030804.JPG

約2時間で本宮前に到着。さすがに空気はひんやりとしてますが寒くはなく快適です。このあと別のバスで発心門王子まで行って、そこからここまで歩くんですけど、バスが来るまで30分あるんで先に本宮にお参りしましょう。

P1030814.JPG

参道の階段をのぼって。。

P1030821.JPG

こちらが拝殿。右横の神門をくぐると、4つの社殿が横に並ぶ本殿前まで入れるのですが、撮影禁止とあったので写真はなし。

P1030832.JPG

4つの社殿の参拝順序は第三殿、第二殿、第一殿、第四殿の順。

それぞれのご祭神は、第三殿が本宮大社の主神である家津美御子大神(けつみこのおおかみ)、第二殿が速玉大社の主神、速玉大神(はやたまのおおかみ)、第一殿が那智大社の主神、夫須美大神(ふすみのおおかみ)、そして第四殿が、天照大神です。

P1030823.JPG

いたるところで見かける3本足の鳥のマーク。これサッカー日本代表のシンボル、八咫烏(やたがらす)です。神武天皇東征の際、神の使者である八咫烏が、熊野から奈良までの道案内をしたんだそうな。

P1030846.jpg

参拝が終わってバス停まで戻るとちょうどバスが。次回は発心門王子からの古道ウォークの様子を。