新しいMacbookPro買って初日にやったことまとめ

やわなべです。

新しく買ったMacbookPro(Late 2016)、なんやかんや言いましたが、メイン機としてバリバリ使ってます。

今回5年ぶりのリプレースで、初期設定のやり方もだいぶ変わってたりするところもありました。次に買い換えるときに備え、新機が届いた初日1日で何をやったかだけ残しとこうかと。すでにもう1週間くらい経っててアプリも色々入れてるんですが、初日にやったことを書いたメモが出てきたので。

スポンサーリンク

最初に起動してデスクトップが立ち上がるまでにやったこと

  • FileVault暗号化オフ
  • バックアップからの復元→しない

基本的にiPhoneやiPadと同じです。FileVaultによるディスクの暗号化がデフォルトでONになってましたが、パフォーマンスが落ちるのがイヤなのでオフにしたくらい。必要なデータはDropboxかKeepassXに入ってるんで、前のマシンからデータ移行とかもいらないんですよね。

デスクトップが起動したら…

ss09283.png

しばらくしてデスクトップが起動します。真のマカーが買ってすぐのMacの起動後にするべきこと、それは、、、

Siriへの挨拶です。

ポポン…

私「はじめまして」
Siri「お会いできてうれしいです」
私「これからよろしくお願いします」
Siri「よろしくお願いします」
私「こちらこそよろしくお願いします」
Siri「ご丁寧にありがとうございます」

ともすれば5年以上お世話になるパートナーですから、いかに相手がAIとて、これくらいの礼は尽くしたいものです。

ちゃんとできましたか? そしたら「システム環境設定」を開いて、

「Siriを有効にする」のチェックを外します

日常使いではまず使いませんからね。

ちなみに、この1週間後に旧機MacbookAirを処分したんですが、その時もストレージ初期化の直前、Siriに最後の挨拶をしました。

私「今までありがとう」
Siri「お礼なんていいですよ」
私「さようなら」
Siri「それでは、また…」(自動でウィンドウ閉じる)

…泣きました。マジで。

超絶怒涛の環境設定

どうでもいい話はさておき、MacbookProの初期設定の話です。

本格的なカスタマイズに入る前に、USキーボードをチョイスした宿命として、最初にアプリ「英かな」をインストールしとかないとストレスから死に至ります。

参考 ⌘英かな

左右のコマンドキーで日本語入力のオフ/オンができるよう設定しておきます。

以前はKarabinerいれとけばよかったんですが、Sierra対応が遅れてて、まだ使えないんですよねぇ。

では改めて「システム環境設定」その他で最初にカスタマイズする項目を一気に行います。とりあえず羅列するとこんな感じ。(★はシステム環境設定から設定)

  • ★キーボード設定からcapslockキーをctrlキーに変更
  • ★キーボード設定のキーリピート速度、リピート認識速度をアップ
  • ★Spotlightの呼び出し => ctrl+spaceに変更
  • ★前の入力ソースを選択 => Command_space (もともとctrl+spaceに割り当てられたアクション)
  • ★キーボードの円マーク=>バックスラッシュ設定
  • Finderのサイドバー調整、マイファイルを非表示に
  • ★Missionコントロール設定 => 自動並べ替えOFF
  • Missionコントロールから、デスクトップを4つ作る。(それぞれブラウザ用、Finder/エディタ用、ターミナル用、メール用)
  • ★デスクトップバックグラウンド => 無地色に
  • 不要なDockアイコン削除
  • ★Dockを右に配置&自動で隠すようにする
  • ★メニューバーに日付を表示
  • ★iCloud同期項目の調整 => 通知を全て切る
  • ★通知センター設定で、不要なアプリの通知をオフにする
  • ★時報アナウンス設定 => アメリカ英語のSamantha音声(要ダウンロード)で30分おき

最低限のアプリインストール

次は、最低限のアプリインストールです。(☆はAppStoreからインストール)

  • Chrome(ブラウザ)
  • Dropbox(クラウドファイル共有)
  • Sublimetext3(テキストエディタ)
  • keepassX(パスワード管理ツール)
  • ☆simplenote(クラウドエディタ)

Chromeにログインすれば、ブックマークや拡張機能が自動的に同期されてるし、エディタやターミナル設定とかはDropboxに入ってるんで、あっという間に旧機MacbookAirと同じ環境が再現できます。

KeepassXに保存してるパスワードDBもDropbox配下にあるので、パスワードがわからないとかでいちいちMacbookAirを見ることもありません。楽なもんです。

最低限の設定

  • メールアカウントの設定
  • プリンタ設定
  • VPN設定

ここらあたりはiCloudで同期とかできるとありがたいんですけどねぇ。

ここまでできたらほぼほぼ不自由なく使えるようになってるので、寝てる間にシステムアップデートを流しっぱなしにして初日は終了したようです。日付を見ると、どうやらこの次の日にやったことが、下の微妙記事を書くことだったようで。

過去記事 新型MacbookProに乗り換えたMacbookAirユーザーの微妙すぎる感想