「ベストセラーコード」「食品偽装を科学で見抜く」ほかここんとこ読んだ本5冊

ベストセラーコード / ジョディ・アーチャー

「ベストセラーコード 「売れる文章」を見きわめる驚異のアルゴリズム」販売ページヘ

ベストセラーコード 「売れる文章」を見きわめる驚異のアルゴリズム

  • 作者: ジョディ・アーチャー
  • 出版社: 日経BP社
  • 発売日: 2017-03-23
  • メディア: 単行本

過去のベストセラーとそうでないフィクション作品を機械学習に読み込ませ、ディープラーニングで、統計的にベストセラーになる作品かどうかのパターンが見いだせるか、というテーマ。その判定精度は著者らも驚くほど高く、ヒットしたけど内容に批判も多くまぐれ当たりという評価も多い「ドラゴンタトゥーの女」や「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」といったベストセラー作品も、実はしっかりとしたベストセラーになるうるパターンがあることを見出してます。実際のパターンってのもある程度開示されているので、これから小説を書こうとしている人は読んで参考になるところ大でしょう。フィクションに関しては、もう出版エージェントの仕事はなくなるのかも。

スポンサーリンク

食品偽装を科学で見抜く / リチャード・エバーシェッド

「食品偽装を科学で見抜く」販売ページヘ

食品偽装を科学で見抜く

  • 作者: リチャード・エバーシェッド
  • 出版社: 日経BP社
  • 発売日: 2017-04-13
  • メディア: 単行本

各章で、オリーブオイルや魚など、食材毎の食品偽装のパターンと、それに対する科学的調査の実態が紹介されます。偽装にも種類があって、ブランド化している商品は産地の偽装が多いのに対し、安価な食品にはラベルとは似て非なる食材が混ぜ合わされてたり、化学的に似たものを足されてたりと、かなりひどい化学的な所作がなされることも。ミルクの偽装や、香辛料の偽装あたりは読んでで少々気分が悪くなるところも。偽装を見破る技術も、遺伝子技術など最先端の科学が用いられますが、偽装の動機が大きいのと、毒物混入などでない限り、あまり消費者も関心を持たないので、今後も絶えることはないんでしょうね。

リトル・ドラマー・ガール〔上〕 / ジョン・ル・カレ

「リトル・ドラマー・ガール〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)」販売ページヘ

リトル・ドラマー・ガール〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)

  • 作者: ジョン・ル・カレ
  • 出版社: 早川書房
  • 発売日: 2015-08-27
  • メディア: 文庫

実は、これが初めて読むル・カレ作品なんですが、スパイ小説としてのプロットの秀逸さをさておいても、短い文章でリズミカルに読ませる疾走感でどんどん引き込まれます。女性が主人公なんですが、キャラクターや心情描写も見事に表現されていて素晴らしい作品。まだ上巻しか読んでないですが。

ドローンが拓く未来の空 / 鈴木 真二

「ドローンが拓く未来の空: 飛行のしくみを知り安全に利用する (DOJIN選書)」販売ページヘ

ドローンが拓く未来の空: 飛行のしくみを知り安全に利用する (DOJIN選書)

  • 作者: 鈴木 真二
  • 出版社: 化学同人
  • 発売日: 2017-03-08
  • メディア: 単行本

民間での商用利用が本格化しつつあるドローンですが、本書は現時点での技術的な基礎情報をほぼ網羅した内容といえるかと。ドローンの飛行・操作の技術説明にとどまらず、特に安全面の対策に詳しいです。それも過去の有人飛行機の事故例などを引きながら、実際利用を見据えた現実的な議論が展開されています。

水滸伝 / 宮崎 市定

「水滸伝 - 虚構のなかの史実 (中公文庫)」販売ページヘ

水滸伝 - 虚構のなかの史実 (中公文庫)

  • 作者: 宮崎 市定
  • 出版社: 中央公論新社
  • 発売日: 2017-03-22
  • メディア: 文庫

中国史の第一人者である著者が、水滸伝をテーマに書いたエッセイをまとめたものが文庫になってました。大衆的小説ながらも、水滸伝が中国とその歴史を知る要素に満ちた魅力的な作品であることがわかります。著者の中国史に関する博識ぶりは本土の研究者を凌ぐんじゃないかとも思いますが、それに加えて文章も非常に読みやすく、お上手です。