(読んだ本)「マシュマロ・テスト 〜 成功する子・しない子」(ウォルター・ミシェル)

眼の前にあるマシュマロ1個と、20分待てばもらえるマシュマロ2個のどちらをえらぶか、を試す「マシュマロ・テスト」、我慢力を試す単純なテストのように見えますが、実は、その後の人生の成功に大きく関わってくるんだとか。マシュマロ・テストとはどんなテストかは、動画で見れば一目瞭然。他におもちゃも何もない小部屋に、ひとりきりにさ...

読んだ本「戦場の掟」(スティーブ・ファイナル)

先日読んだ「ウォール街の物理学者」同様、これも文庫落ちしてたので買ったら電子版が出ていたという。まあいいんだけど。「あれは結局何だったんだ」感の強い、2003年のブッシュの戦争後のイラクが舞台。正規の兵士でないにもかかわらず、戦後統治の修羅場で汚れ仕事を金次第で引き受ける民間警備会社、その実態は「戦争下請企業」に他なら...

(読んだ本)「ウォール街の物理学者」/ ジェイムズ・ウェザーオール

2013年に出た本で、書店で文庫落ちしてたのを見かけて読んだんですが電子版出てたんですね。物理学を応用した金融工学は、デリバティブなどの金融商品を生み出しました。その担い手である「クオンツ」とよばれる物理学者たちの活躍の歴史を描く本です。物理学者・数学者である著者本書で描かれるテーマそのものは、ニュース含め、色んな形で...

プレミア12の日本代表以外のメンバーがイマイチ微妙な理由

阪神、オリックスファンとしては、今オフは喪に服す期間。プレミア12も昨日の日米戦を始めて観戦しました。日本が強くて盛り上がってるように見える反面、WBCと違って、アメリカなど他の参加国の本気度が劣るんじゃないかという声もあります。そうですね。ただ、それも無理からぬところでしてね...プレミア12の主催はWBSCという組...

読んだ本「仁義なき宅配 ヤマトvs佐川vs日本郵便vsアマゾン(横田増生)」

東洋経済のサイトで紹介されていた「仁義なき宅配(横田増生)」を読みました。横田氏はもともと物流誌の編集長も務められた記者の出身で、現在はフリーのジャーナリスト。過去にアマゾンやユニクロを取材した本を書いておられるんですが、もともとの業界知識とインタビュー取材に加え、自分自身で、その企業の末端労働者として働く経験による現...

「お皿の上の生物学(小倉明彦)」

「お皿の上の生物学」は、阪大理学部の小倉明彦教授による著書。生化学、解剖学などの専門知識を、身の回りの料理をモチーフにし「味の話」「色の話」「香りの話」といった親しみやすいテーマで、専門外の人間にも興味が持てるよう、全8回の講義に仕立てた本です

11月なので好きなブログを(私も)告白します

めったに誰かに言及されることのない、当ぼっちブログですが、うれしいことに「好きなブログ」としてご紹介いただきました。11月なので好きなブログを告白します(2015年版) | ソファに寝ながら考えた11月は好きなブログを告白する月、ということで、理由は様々ですが普段から好きだなーと思っているブログをご紹介します。「11月...