「東芝大裏面史」「鬼神」ほかここんとこ読んだ本5冊

『東芝 大裏面史』 / FACTA編集部雑誌FACTAの東芝関連の過去記事集、と言ってしまえばそれまでなんですが、単に時系列に並べられたにすぎないそれらの記事が、東芝という企業が「選択と集中」方針で原子力事業の泥沼にのめり込んでいった結果、想定外の福島の事故を受け、それ以外の事業を切り売りせざるをえなくなっていくまでの...

「中動態の世界」「人体5億年の記憶」他ここんとこ読んだ本3冊

中動態の世界 / 國分 功一郎意志や責任という概念の起源を言語上の能動/受動の産物ととらえ、その曖昧さの根本を追求すべく、それ以前に存在した中動態という視座を再発掘しようとするスリリングな内容です。哲学書はあんまり読んでないですが、難しい用語を使わず、関連する論文の解説や批判もとても丁寧で読みやすいです。最後に本書のテ...