「豪腕」「生涯投資家」他ここんとこ読んだ本4冊

『豪腕』 / ジェフ・パッサントミー・ジョン手術に代表される、職業野球投手の肘の故障について、様々な関係者への綿密な取材をまとめた膨大な本。1章をさいて、高校球児を中心とした日本の状況にも触れられてますが、そこだけ読んでも手抜きなしの取材っぷりに感心します。本にまとめる際に、もう少し取捨選択してもよかったかな、とは思い...

「遺伝子は、変えられる。」「女の機嫌の直し方」ほかここんとこ読んだ本4冊

『遺伝子は、変えられる。』 / シャロン・モアレム不変で運命的なイメージが強い遺伝子が実は後天的にカジュアルに変わり、しかもその変化が子孫にも遺伝する、という驚愕の内容です。遺伝子の変異は思っている以上に多様性があって頻度も高く、たった一つの遺伝子の違いで難病を抱えることになりうるんだなぁ、と。著者は非常に博識で幅広い...